042-548コノシワ-7448ナシシワ

脂漏性皮膚炎・フケ症の診療を行っております

脂漏性皮膚炎・フケ症

脂漏性皮膚炎は、皮脂分泌の多い頭部や顔面に、フケ様の付着物を伴う湿疹や、薄い痂皮(かさぶた)のようなものを伴う紅斑が見られる皮膚炎です。痒みは全くない方から酷い方まで様々です。乳児や高齢者に多発し、このうち乳児に発症するものを乳児脂漏性湿疹と呼ぶこともあります。
顔、頭、股、腋などのいわゆる脂漏部位の脂っぽいフケのようなものを伴う紅斑で、左右対称性はないことが多く、痒みはあっても軽度です。
乳児脂漏性湿疹は前額部から頭部に強い発疹が出現しますが、乳児期を過ぎると殆どは自然軽快します。
高齢者の脂漏性湿疹は眉毛部、鼻翼部、口囲に発疹が出現し、冬に悪化しやすいのが特徴です。

原因として皮脂中に含まれる中性脂肪が真菌によって分解され、脂肪成分による刺激や、真菌に対する皮膚の反応によって皮膚が刺激され視診や炎症を起こすことが知られています。皮膚の一部を採取して真菌の存在を確認することも結う様な検査です。

外用抗真菌薬を塗布すると、1〜2週間で症状が軽快します。ただし、再発することも多いです。脂漏性皮膚炎の中には、外用抗真菌薬の使用で逆に悪化する例もあるので、その場合は短期間、外用ステロイドを塗布することが必要になる場合も有ります。ビタミンB2やB6、抗ヒスタミン剤の内服も必要に応じて行います。
日常生活で市販されている抗真菌薬シャンプーが効果的なことが有ります。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

皮膚疾患の診療案内

院長ブログ

スタッフブログ