042-548コノシワ-7448ナシシワ

皮下のできもの(脂肪腫・皮下腫瘍)の診療を行っております

皮下のできもの(脂肪腫・皮下腫瘍)

皮膚にコブが出来る病気には、皮膚とは別に皮膚よりも深い位置(皮下)から出来るものが有ります。皮下組織は脂肪組織、筋肉、血管、リンパ管、結合組織などにより構成されています。さらに細かく見るとそれらは多種さまざまな細胞が集まって構成されており、その細胞一つ一つからさまざまなタイプの腫瘍が発生します。腫瘍のタイプによって手術方法が異なるため手術前の診断が非常に重要になります。皮膚腫瘍と同様に皮下腫瘍にも良性と悪性があり、それらの違いを確実に診断するためには病理組織検査、つまり摘出術が必要です。手術前診察での臨床的診断、確実な摘出手術、病理学的診断の3つがとても大切です。臨床上、良く目にする皮下腫瘍には脂肪腫(しぼうしゅ)、血管腫(けっかんしゅ)、神経鞘腫(しんけいしょうしゅ)などがあります。

皮下腫瘍は手術による摘出以外には治療法が有りません。腫瘍が大きくなれば切開も大きくなり、結果的に傷跡も大きくなりますので、早い時期の手術が望ましいです。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

皮膚疾患の診療案内

院長ブログ

スタッフブログ