042-548コノシワ-7448ナシシワ

じんましんの診療を行っております

じんましん

蕁麻疹(じんましん)は皮膚の血管から水分がもれ出て、皮膚が部分的にむくむことで(浮腫)、境界がはっきりした扁平な隆起(膨疹)が出現する病気です。赤く、かゆみをともなっていることが多く、隣同士の膨疹がくっついて癒合することも有ります。数日以内におさまる急性じんま疹と1カ月以上出没を繰り返す慢性じんま疹とがあり、重症では全身症状を伴います。
一般的に原因はアレルギーによることが多いですが、アレルギーの原因(アレルゲン)を確実に特定することは困難なことが多いです。薬物アレルギー、アスピリン過敏症、虫刺され、細菌やウイルス感染、悪性腫瘍や自己の成分に対する反応などで起こることもあります。 また、物理的刺激でも起こることがあり、圧迫やまさつ(機械的じんま疹)、温熱、寒冷、日光などが原因になります。神経の末端からアセチルコリンが分泌されて生じるコリン性じんま疹は青年に多く、温熱や運動などにより現れます。
かゆみの強い境界がはっきりした紅斑や膨疹が突然現れ、数時間で消えたり、位置が移動したりします。円形、地図状、線状などの形をとりますが、コリン性じんま疹では数mmの白色の膨疹が体幹にみられます。重症になると、腹痛や顔面のはれ、のどが詰まる感じや呼吸困難がみられ、さらにはショック状態になります。
また、顔面、口唇や四肢などがはれて数日後におさまるものはクインケ浮腫と呼ばれます。
アレルギー性が疑われる時は、それらの検査を行います(食物アレルギー、薬物アレルギー)。物理的刺激が疑われる時は、それぞれの刺激を部分的に加えて症状を誘発します。

治療は抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などを服用します。重症の場合は、ステロイド薬を用いることもあります。外用としてかゆみ止めやステロイドを使用します。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

皮膚疾患の診療案内

院長ブログ

スタッフブログ