042-548コノシワ-7448ナシシワ

かぶれ(接触性皮膚炎)の診療を行っております

かぶれ(接触性皮膚炎)

接触性皮膚炎は湿疹の一種で、何らかの外的刺激が皮膚に接触することで、その部分に赤いぶつぶつ(紅斑)、皮膚の盛り上がり(丘疹)、水ぶくれ(水疱)などの湿疹を生じる病気です。いわゆる”かぶれ”とも呼ばれ、接触した部分とそうでない部分ではっきりと境界が見えるのが特徴的です。かゆみを伴うことが多く、痛みがある場合もあります。
湿疹が現れたら、原因物質を特定することが一番の予防策でもあり治療でもあります。数時間前までさかのぼって、原因となる物質が何か突き止めることが肝心です。「いつ」、「どんな時に」、「どこに」湿疹が現れるのかを湿疹が現れる度にメモしておくと原因を特定しやすいと思います。例えば、子どもの口の周りに湿疹が現れる場合、よだれか調味料、食品が原因の可能性が高いです。
原因の特定と並行して、薬剤による治療はステロイド外用薬などの塗り薬、かゆみが強い場合は抗ヒスタミン剤の服用が効果的です。また、患部をなるべく掻き壊さないこと、原因物質を避けながら、肌をなるべく清潔に保つことも大切です。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

皮膚疾患の診療案内

院長ブログ

スタッフブログ