042-548コノシワ-7448ナシシワ

ケロイド・肥厚性瘢痕の診療を行っております

ケロイド・肥厚性瘢痕

ケガや手術後の傷跡については些細なものでも、他人が思うよりご自身にとっては深刻な場合が多いです。
ケガや手術をした場合、治癒の初期にはまず、赤くて硬い傷跡になります。ケガの程度、手術の種類、部位などにもよりますが一般に傷跡は1ヵ月半頃にその赤さ、硬さが共に顕著になります。そして3ヵ月頃になると赤みが改善されて、柔らかさも出てきます。この現象は抜糸が終わった後でも、皮膚の内部では傷を治す反応が持続するために起こるためです。傷が治るには血液が必要なので、皮膚の内部(真皮)に毛細血管が密集するために赤い傷跡になります。また傷を接着する糊のような組織(瘢痕組織)がたくさん生成されますが、この瘢痕組織が非常に硬い組織のため、創傷治癒の早期には傷跡が硬くなります。このような皮膚内部の反応は半年から1年くらいかけて徐々に沈静化してきます。そのため皮膚本来の色調や柔らかさを取り戻すのも1年程の時間がかかります。この傷跡が治る機序が過剰に反応した状態が肥厚性瘢痕と言われる状態です。傷跡は赤く腫れて硬く盛り上がり、かゆみや痛みを生じます。
肥厚性瘢痕は時間がかかりますが約半年目を境に徐々に落ち着いてくることが多く、最終的には目立ちやすい傷跡が残る傾向にあります。ケロイドとはこの治癒反応がより強力に出現した状態で、細胞の制御が働かなくなり暴走した状態とも言えます。肥厚性瘢痕は傷跡を超えて赤みや膨らみが広がったり、傷跡自体が周囲へ拡大していくことはありません。
一方、ケロイドは全く傷跡のない部位から生じたり、もともとの傷跡の範囲を超えて拡大して行くことが特徴の一つです。ケロイドには誘因無く突然全胸部や肩などに発症する場合とケガや手術後の傷跡から発症する場合とがあります。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

皮膚疾患の診療案内

院長ブログ

スタッフブログ