042-548コノシワ-7448ナシシワ

帯状疱疹の診療を行っております

帯状疱疹

子供の時になった水痘と同じウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)が神経節に残っていて、体調が悪い時などに1本の神経に沿って水泡が出来る病気です。初期症状として何も無い状態の左右どちらかの皮膚がチクチク痛むことからはじまることが多いです。3〜5日位で皮膚の表面に赤い皮疹が出来て、さらに1〜2日位で水疱が出来ます。痛みの強さは非常に耐えられない強い痛みの人と我慢できる程度の人と稀に全く痛みを伴わない人もいます。痛みではなく痒みを伴うこともあります。
早期に内服治療を開始することが大事です。皮疹が軽度で、痛みが出てなくても早期に治療を開始すると症状の経過がひどくならずに済無傾向があります。

皮疹が良くなっても痛みが長期間(1か月以上)残ることがあり、帯状疱疹後神経痛と言います。治療が遅れるた高齢者ほど痛みが残り、数ヶ月〜数年間持続することがあります。この帯状疱疹後神経痛は低年齢者ではあまり認めません。年齢と共に増加する傾向があるので、高齢者の帯状疱疹は出来るだけ早期の治療と積極的な痛みに対する治療が大切です。

治療は直接ウイルスの増殖を抑える抗ウイルス剤(ゾビラックス・バルトレックス・ファムビルなど)を服用します水痘・帯状疱疹ウイルスと単純性疱疹ウイルスは同じヘルペス属ですが、異なるウイルスなので感受性は違うため服用量は異なりますが同じ薬が効きます。メチコバール(ビタミンB12)という神経に作用する薬剤も帯状疱疹によく処方され、補助的な薬ですが痛みが、取れるまで続けます。
我慢できない痛みがある場合は、痛み止めも内服します。それでも痛みが取れない場合はペインクリニックなどでの治療が必要なこともあります。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

皮膚疾患の診療案内

院長ブログ

スタッフブログ