042-548コノシワ-7448ナシシワ

上まぶたたるみ取りの診療を行っております

上まぶたたるみ取り

目もとは加齢による影響が最も出やすいパーツです。加齢に加えて重力の影響で、皮膚や筋肉の張りが減少して皮膚が伸びてしまうことにあります。まぶたの皮膚が目に被さってしまっている状態で”目の形が三角形になった” ”二重ラインが狭くなった” ”昔は二重だったのに一重になった” ”目が小さくなった”などを自覚することが多いです。お顔全体の印象として”暗い表情”になってしまいます。伸びてしまった余分な皮膚を取り除くことで、一気に若返ることができます。

上まぶたのたるみ取り手術は仕上がりの好みで2つの方法から選択出来ます。

1. たるみ取り

二重にしたい方は新しく作る二重の仕上がりライン、一重のままでいたい方は上まぶたのまつ毛ぎりぎりのところで切開し、たるんだ皮膚を丁寧に切除して縫い合わせます。同時に眼輪筋の減量や眼窩脂肪の除去を行うことで腫れぼったいまぶたの改善を行うことも可能です。手術後の傷跡は二重ラインに隠れてしまいますのでご心配は要りません。
皮膚の薄い方や二重の位置や幅を変化させたい方に向いています。

2. 上眼瞼リフト(眉下切開)

目もとの印象を大きく変えずにたるみだけを改善したい方に向いている手術法です。眉毛の直ぐ下の厚い皮膚を切除しすることで、たるんだまぶたや脂肪を取り除き、上に引き上げる手術法です。もともと二重の方は二重のままで、一重の方は一重のままで目の上のたるみを除去することが出来ます。まゆ毛の下に沿った傷跡は目立ちにくい特徴が有ります。
上眼瞼リフトは”まぶたが重い" ”皮膚がたるんで二重の幅が狭くなった” ”まつげに皮膚がかぶさってしまった”という方にお薦めです。またまぶたの皮膚が分厚い方に向いています。

会社や学校などでダウンタイムが取れない方には、眼帯で隠しながら片目ずつ手術を行うことも可能です。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

目元の診療案内

院長ブログ

スタッフブログ