042-548コノシワ-7448ナシシワ

副耳(ふくじ)の診療を行っております

副耳(ふくじ)

副耳(ふくじ)は生まれつき見られる耳の前や頬にイボ状に突起した皮膚の隆起です。片側の耳前部に1個だけ存在することがほとんどですが,時には両側に存在する場合や複数個存在する場合もあります。副耳は皮膚のみではなく軟骨を含むことが多く,耳に近い場合には副耳と耳の軟骨同士が深いところでつながっていることもあります。
首にも副耳のような突起が生まれつき見られることがあり,頸耳(けいじ)と呼ばれます。

治療法は、小さいものや軟骨を含まないものは,生直後に無麻酔で絹糸やナイロン糸で根本をしばります(結紮術)と,副耳の先端に血流が行かなくなり壊死して10日から2週間で自然脱落します。
軟骨を含むものは糸で結紮しても不完全な隆起が残ることがあり、皮下の軟骨を含めて切除してきれいに縫合する(切除術)ことが必要になります。
結紮術と切除術のどちらでも、目立たない程度の傷跡で治ります。耳前部の傷跡は目立たないことがほとんどです。

料金表はこちら
ご予約お申し込み

その他の診療案内

院長ブログ

スタッフブログ