03-3272-5666

目のお悩み別治療法

目のイラスト

眠たそうな目をしっかり開きたい

池本繁弘

”眠たそうな目”は病気の場合と、そうでない場合があります。

病気の場合は眼瞼下垂という病気です。目を開ける筋肉や、筋肉から連続する膜に原因があります。筋肉の膜を正しい位置に戻してあげることで目を開けるのが楽になります。
その他、眼瞼下垂症では頭痛、肩こり、目の上の凹み、目の痛み、などの症状を呈する場合があります。これらの症状も手術により改善する可能性が大きいです。
まぶたの開き具合の改善とともに、より美しいまぶたの形や若返りをご希望の方は自費治療での手術が向いています。その場合”開瞼増大術”の適応になります。

病気でない場合は皮膚がたるんでいる場合や、単なるお顔の特徴の場合があります。
いずれも手術で改善することが可能です。まぶたのたたるみを取る手術や、目を開ける筋肉の力を強める手術を行います。

目のイラスト

目力を手に入れたい

池本繁弘

もともと一重の方や、加齢にともなって二重がはっきりしなくなったかたなどに良い適応の手術です。
一重の方は二重に、二重の方は皮膚のたるみを取ることで改善することができます。
まぶたのたるんだ皮膚を切除することができる量は、一般に10〜15年分ぐらいであると言われています。つまり、10〜15歳ぐらいの”目もとの若返り”が得られる計算になります。

目のイラスト

涙袋を作りたい

池本繁弘

芸能人や雑誌のモデルに良く見られる”涙袋”。奇麗で可愛い人が多い芸能人とはいえ、もともと全ての方に涙袋があった訳ではないと思います。ヒアルロン酸注入の技術が発達し、製品が発展したことにより、比較的簡単に”涙袋”を作ることができるようになりました。
ヒアルロン酸は、時間とともに吸収される物質ですが、だからこそ安心であると言えます。
逆に、持続的な効果を期待したい方には、脂肪注入が良い適応です。

目のイラスト

目の下のたるみ、陰、クマを無くしたい

池本繁弘

”怖い顔” ”疲れた顔” ”老け顔”の最も大きな原因が”下まぶた”です。
下まぶたの老化現象は皮膚・筋肉・各種靭帯に生じます。その結果として目の下の皮膚がたるみ、脂肪の膨らみ(目袋)が出来て、クマができます。
また、お若い方でも目の下のクマが出現している場合があります。
原因によっていくつかの治療がありますので、患者様それぞれに最適な治療法をご提案させていただきます。

目のイラスト""

左右の目をそろえたい、目の大きさが左右で違う

池本繁弘

左右の目の大きさが違う場合は、主に以下の3つの場合が考えられます。

  1. 生まれつき目の開きが悪い(先天性眼瞼下垂
  2. 徐々に目の開きが悪くなってきた(後天性眼瞼下垂もしくは加齢による皮膚のたるみ)
  3. 片方が一重まぶた、もしくは重の幅が違う

いずれの場合も積極的に手術で改善することが可能です。
症状や所見に応じた手術方法をご提案致します。

目のイラスト

目の横幅を広げたい

池本繁弘

目が小さくてお悩みの方に対する手術です。目は上・下・左・右それぞれに大きく広げることが可能です。
ここでは主に目頭・目尻に広げる方法をご紹介します。
目頭切開はいわゆる蒙古ひだを切除もしくは切開して広げる手術です。
目尻切開は目尻の皮膚と結膜を切除もしくは切開して切り込みを深くする手術です。

目のイラスト

目の上の凹みを改善したい

池本繁弘

加齢とともにまぶたの脂肪が萎縮して目の上がくぼむ現象が起きます(Sunken eye)。
加齢による変化ばかりではなく、眼瞼下垂症の一症状としても認められることがあります。
いくつかの治療がありますが、まぶたの状態に応じ応じた最適な治療法をご提案致します。

目のイラスト

モデルのような幅広二重になりたい

池本繁弘

同じ二重でも、幅や形など様々です。
カウンセリング時にご希望の二重をお聞きして、まず”出来ること” ”出来ないこと”を明確にします。
その上で、ご希望の形態に近づける手術方法をご提案させていただきます。

目のイラスト

ナチュラルな二重にしたい

池本繁弘

ご自分の目もとが気に入らない場合や、二重の手術を行ったが不自然な印象を改善したい場合なども、ご相談をお待ちしております。”自然な二重” ”ナチュラルな二重”というご希望が最も難しい手術になります。それは”自然” ”ナチュラル”という言葉が主観的な表現だからです。
患者様が考える”ナチュラルな二重”というものがどういう形態かをお聞きして、改善するための手術方法をご提案させていただきます。

目のイラスト

つり目を改善したい、可愛らしい目にしたい

池本繁弘

愛らしい丸い目がご希望の場合はタレ目形成術がとても良い適応です。つり目の印象を和らげる効果もあります。
傷跡が皮膚に残らない結膜法や、より効果の高い皮膚切開法があります。下まぶたのラインが下方に下がり、白目の見える量が増えて目が大きくなります。
目尻切開で目尻を外側に広げる手術と合わせて行うことでより効果を高めることが出来ます。

院長ブログ

スタッフブログ